交通事故

HOME | 交通事故

Traffic Accicent

交通事故

交通事故による症状でお困りの方へ

交通事故は、衝撃が体の中に残っている限りなかなかすっきりと良くなることはなく、長い期間にわたり苦痛と向き合わなければなりません。

 怪我をして間もない方は、幸い保険が適応できますので、まず担当の保険会社を通じて当院に通いたい意向を伝えていただければと思います。

 保険の診療を打ち切られてしまった方も当院に通院されている方の中にはいらっしゃいます。
 長い期間治療はしていたものの、良くならなかった方には、視点を変えて身体と向き合う必要があります。
そのためにも再度事故の詳細をお聞きしますので、どうか少しでも事故の状態を思い出していただけたらと思います。

QUALITY

私達の強み

Technical Skill①

鞭打ちに対する力学的視点

鞭打ちは、事故に遭う際にどの方向をむいていたかが極めて重要な情報となります。
助手席を向いていてぶつかった際には、首は縦方向にしなるよりは横方向に鞭打ちされます。
またバックミラーを見ていた場合は、差し迫る車に対して恐怖を抱くために、視覚的な恐怖によるフラッシュバックもあります。

 力学的な視点や視覚的な視点から身体を分析することが、長らく続く鞭打ちの症状には欠かせません。

 

Technical Skill②

シートベルトによる衝撃

シートベルトは交通事故の際に命を守る代わりに、体に対して斜めという複雑な力のかかり方をします。
 運転席であれば、日本車の場合、助手席では左肩から右腰にかけてベルトを装着するのが一般的です。
 
 衝撃を受けた際に、右肩はベルトがないために前方へと押し出され、体に捻る力が加わります。
 これが後々に続く肩の痛みや首の鞭打ち、人によっては肋骨の痛みや胃の不快感などに影響し始めます。

 どの席に座っていて、どこを持っていたのかそう言ったことが覚えていらっしゃれば診察の手がかりとなります。

 

Technical Skill③

車との接触部分からの衝撃

運転している場合、まずどこに力がかかるかご存知でしょうか?
足首、手、背中です。

 それは車と接触している部分だからです。
交通事故の後から続く痛みで、足首や手首と訴える方が意外と多いのです。

 もちろんそこから伝わった衝撃を人によっては股関節で受けたり、肩で踏ん張ったりとするため、その力がどのように伝わっていくかも考えなければなりません。
 どう言った足の置き方をしていたか、どうやってハンドルを持っていたか、もし覚えていらっしゃいましたら診察の手がかりとなります。

 

Price

料金

価格

捻挫や打撲には、保険診療が利用できます。
より早く治したい場合や、神経系の治療を必要とする場合は、自由診療となります。

他にも、手術を控えていたり、手術後で病院の通院と併用して当院の治療を行う場合も自由診療となります。

皆さまの生活環境に合わせて当院の治療をカスタマイズしますので、遠慮なく他院の治療と併用してください。

 

単発の治療

50分 6600円(税込)

保険診療

0円(保険会社にまずご連絡ください)
どこの治療院に通うかは皆様に決める権利があります。

健康保険

事故による損害保険ではなく健康保険をご利用の場合、負担額に応じて変動します。
500円〜

回数券

50分 10回券 56,500円(税込)
1回あたり約1,000円お得


健康保険診療と自由診療を併用する場合
回数券 10回券 44,000円(税込)
(毎回保険診療の負担額はお支払いただく必要があります。)

所在地

埼玉県さいたま市中央区下落合1013−1 スピカビル201
エレベーター有り・駐車場4台

最寄駅

与野駅 徒歩5分
さいたま新都心駅・北与野駅・与野本町駅 徒歩12分

料金

保険診療:500円〜 各種健康保険の自己負担額に応じて異なります。
自由診療:6600円 保険診療との併用や定期的に通う場合、お安くなります。
クレジットカード対応可 Visa , Master(自由診療に対してのみご利用いただけます)
初診料2000円

休み

日・祝 休み
木・土 午後休み

受付時間

午前:  9:00〜12:30
午後:15:00〜19:30
受付時間外の予約も可能ですので、通勤帰りなどもご相談ください。

連絡先

電話:048-708-2011
Email:agitos.office@gmail.com
Line@:友達登録はこちら

 

当院の駐車場


 

肋骨の損傷や肋軟骨炎・肋間神経痛について

 この動画はスポーツ時の外傷について記載していますが、交通事故でも多い胸や脇の痛みと同じ概念になります。
 参考にしていただけたら幸いです。

ハンドルからの衝撃 手関節炎

 ハンドルを握っている際に人によっては、掌を前に向けたように握る人もいれば、手の甲を前に見せるような形で親指で握るような持ち方の人もいらっしゃいます。
 
 ハンドルからの衝撃をまず最初に受ける関節である手や指において痛みが続いている方は関節の機能解剖とハンドルの持ち方から分析すると早く痛みが取れます。
 
 もちろんその衝撃は肘や肩に抜けていくので、肘や肩の痛みであっても手首を見るのは大切です。

足関節の捻挫後も続く足の痛みやその後に起こる腰痛との関連について

 アクセルペダルやブレーキペダルから起こる衝撃は足を通して股関節・腰まで抜けていきます。
 足関節は地面とも接している部分であるために、足自体に痛みがなくてもその上の関節である膝や股関節に痛みを起こす場合があります。
 
 衝撃を受けた際に、股関節と膝・足関節がどのように連動していたかを分析することも重要ですし、接触面である足関節の機能検査と治療が交通事故後も長くづづく腰痛や足の痛みに変化を出すこともあります。